ものたち(仮)

おきにいりのもの、さよならのものをアップして、あのときのあれを楽しみたいです。

ラミー(LAMY) サファリ

ある日、出社するなり社長から手渡されたペン。「ちょうど自分用に買ったから、ついでに。」と。わたくしがラミーに好感を抱いていることを覚えていてくれたようです。ありがたやりがたや。
初めてのサファリ。サファリではないLAMYのペンは持っていたけれど、サファリがこんなに素晴らしいとは。
もうこれでしか書けません。ついこれで書いてしまいます。手のすぐ近くに別のボールペンがあったとしても、トラベラーズノートにはさんであるラミーサファリを取り出してしまいます。
色々好きなボールペンはあるのに、今の自分はサファリに完全にもっていかれています。
 
例えば、自分の手帳はトラベラーズノートなのですが、それまではSTABILOの水性のペンをはさんでいたところ、サファリにポジションを奪われてしまった形です。
いつも、トラベラーズノートに挟んでいます。限定色のピンクも欲しいです。白も欲しいです。

 サファリ、持つところの形がすごく良くて手になじむし、理想的な持ち方で持てる感じがします。他のペンより字が上手に書けます。筆跡が安定せずにペンによってかなり字が変わってしまう人間である私がいうのだから、間違いないと思います。(余談ですが、小学生の頃に、色んなクラスメイトの鉛筆の持ち方を真似すると、その人の筆跡に近くなることを発見して真似しまくっていたら自分の持ち方というものが安定しなくなってしまいました。この習慣は大人になっても抜けません。文字やペンの持ち方が気に入った相手に対して心中では密かにファイリングしています。)

少し大き目のボールとインクの粘り気が絶妙なのでしょう、紙の上を滑る感触がまた独特で気持ちEです。何事も、キモちEって大事です。※キモちEは、もちろんキヨシローへのオマージュです。
とにかく色々無駄に書きたくなります。シャーペンも使ってみたいです。

ラミーサファリは、ボールペンがいいのか、シャーペンでもいいのか、万年筆もいいのか興味があります。シャーペンだと心地よさは、芯にも依存するでしょうね。
f:id:dorymogy:20150420150503j:plain
 前から持っていたのは、これでして、サファリと違って、インクが水性なのかな?サラサラしています、悪くいえばびちょびちょします。それでも好きだったんだけど。紙によっては、インクが出過ぎちゃってにじむ時もあります。一度使い切って、赤インクに替えました。

 文房具ってば、日本の製品も品質は良いと思うのですが、よくよく考えてみると100円ボールペン的な、安くて大量消費するタイプのボールペンなんですよね。

「中身を替えてずっと使いたい」みたいなボールペン、日本にはないですね。ゼロじゃないかもしれませんが、街をぷらっと歩いたレベルでは見当たらないので、無いのと同じですね。

車と同じだなあ。

作っちゃ捨て、作っちゃ捨ての文化。

あれ、ちょっとネガティブなしめくくりになっちゃいましたけど、ラミーサファリ最高です!

読んでくれてありがとうございます。

DORY LOVES YOU !!