ものたち(仮)

おきにいりのもの、さよならのものをアップして、あのときのあれを楽しみたいです。

ラミー(LAMY) サファリ

ある日、出社するなり社長から手渡されたペン。「ちょうど自分用に買ったから、ついでに。」と。わたくしがラミーに好感を抱いていることを覚えていてくれたようです。ありがたやりがたや。
初めてのサファリ。サファリではないLAMYのペンは持っていたけれど、サファリがこんなに素晴らしいとは。
もうこれでしか書けません。ついこれで書いてしまいます。手のすぐ近くに別のボールペンがあったとしても、トラベラーズノートにはさんであるラミーサファリを取り出してしまいます。
色々好きなボールペンはあるのに、今の自分はサファリに完全にもっていかれています。
 
例えば、自分の手帳はトラベラーズノートなのですが、それまではSTABILOの水性のペンをはさんでいたところ、サファリにポジションを奪われてしまった形です。
いつも、トラベラーズノートに挟んでいます。限定色のピンクも欲しいです。白も欲しいです。

 サファリ、持つところの形がすごく良くて手になじむし、理想的な持ち方で持てる感じがします。他のペンより字が上手に書けます。筆跡が安定せずにペンによってかなり字が変わってしまう人間である私がいうのだから、間違いないと思います。(余談ですが、小学生の頃に、色んなクラスメイトの鉛筆の持ち方を真似すると、その人の筆跡に近くなることを発見して真似しまくっていたら自分の持ち方というものが安定しなくなってしまいました。この習慣は大人になっても抜けません。文字やペンの持ち方が気に入った相手に対して心中では密かにファイリングしています。)

少し大き目のボールとインクの粘り気が絶妙なのでしょう、紙の上を滑る感触がまた独特で気持ちEです。何事も、キモちEって大事です。※キモちEは、もちろんキヨシローへのオマージュです。
とにかく色々無駄に書きたくなります。シャーペンも使ってみたいです。

ラミーサファリは、ボールペンがいいのか、シャーペンでもいいのか、万年筆もいいのか興味があります。シャーペンだと心地よさは、芯にも依存するでしょうね。
f:id:dorymogy:20150420150503j:plain
 前から持っていたのは、これでして、サファリと違って、インクが水性なのかな?サラサラしています、悪くいえばびちょびちょします。それでも好きだったんだけど。紙によっては、インクが出過ぎちゃってにじむ時もあります。一度使い切って、赤インクに替えました。

 文房具ってば、日本の製品も品質は良いと思うのですが、よくよく考えてみると100円ボールペン的な、安くて大量消費するタイプのボールペンなんですよね。

「中身を替えてずっと使いたい」みたいなボールペン、日本にはないですね。ゼロじゃないかもしれませんが、街をぷらっと歩いたレベルでは見当たらないので、無いのと同じですね。

車と同じだなあ。

作っちゃ捨て、作っちゃ捨ての文化。

あれ、ちょっとネガティブなしめくくりになっちゃいましたけど、ラミーサファリ最高です!

読んでくれてありがとうございます。

DORY LOVES YOU !!

カーゴパンツとアリゾナ(下北沢)の閉店

高校生の時に、友人が履いていてそれで「それいいな」ってことで自分も買ったのがきっかけでした。下北沢の北口をでてずーっと右方向に行くエリアの踏み切りのそばにあって、店構えがレンガ調のアリゾナっていう洋服屋さん(ジーンズがメイン)がありまして。

その店先に、ワゴンが一つ出てて、いっつもカーゴパンツが売られていたんです。だいたい4000円弱だったかと。それなんですけどね、すごくシンプルなんですけど、シルエットといい生地の厚みといい、結局色々履いてもあれが一番好きでして。裾に紐があるんですけど、それを軽めにシュッと締めると、いい感じのコミカルなシルエットになるんです。腿とかは、割と太めになっていて、履いた時の形がけっこうまっすぐな感じになるんです、まっすぐ降りて一番下でシュッっと締まるの。まっすぐなんだけど、ゆとりがあるから「ふんわりまっすぐからシュッ」というシルエットになりまして、履き心地もよろしいんです。
すごくシンプルだから、一歩間違えると確実に業務用の服になっちゃうのに、いい匙加減でしてねえ。

通算で何本か買いました。切ってハーフパンツにしたり。色も4種類くらいあったので。

コミカルで、って書きましたけど、自分のなかではカーゴパンツだとか軍ものの服だとかっていうのは、いかにリアルじゃなく漫画っぽく着られるかどうかっていうのは10代の頃から自分のスタイルだったり方針でして。漫画っぽくっていっても、ほぼ90%ドクタースランプの絵の雰囲気のことなんですけど。

それで、まあ今の所あれを越えるカーゴパンツに出会わないし、また履きたいなと。それで、アリゾナはまだ扱ってるかなあ?そもそも生産されてるのかなあ?という疑問を解決するために、アリゾナの電話番号を検索して、コールしたわけです。それで、「15~20年前に、よくワゴンで売ってた~まだ扱っていたりしますかね?」って話をしたら、なんとアリゾナさんは今年の1月で閉店してたっていう話でして(お店にしちゃ普通に電話に出るなあと思ったら)。
でも、「あれは、cab clothingっていうメーカーのやつで、今はUnited Athleっていう会社になってますけど、あると思いますよ。昔と生地が少し変わっちゃってますけど、形はほとんど同じですよ。値段はあがっちゃってると思いますけど、インターネットで買えますよ。」と、教えてくれました。

「そうかあ、生地、変わってるのかあ。あの独特の分厚い綿100%良かったのよねえ。やっぱ現物確認したいなあ。サイズも確認したいし。」

ということで、United Athleさんに電話しました。

それで、営業担当の方が対応してくれたんですが、結論としては、インターネットで買って下さいと。どうやら、リアル店舗では、扱ってないみたいです。(地方にはあるっぽい話でしたが)

「お履きなってたということなので、サイズも同じのを選んでいただければ~」

「いやー、履いてたんですけど20年くらい前の話なんです~。」

「あ~、そうですかー。申し訳ございませんー。」

みたいな会話をして、終わりました。

 実際、「cab clothing カーゴパンツ」とかで検索したら、オンラインでは簡単に買えるようです。
けど、保留よ。保留。なんか、サイドのポケットの形が変わっているようにも見えるし、生地の感じとか分かんないんだもん。

買って、履いてみた的なのがblogの流れっちゃ流れですが、まだ買ってません。買うかも分かりません。

以上です!
サバラ!

スチール工具箱

#183 BOX | Found MUJI | 無印良品で売られていたスチール工具箱。

取扱い店舗は、少なくて自由が丘店にて購入。(電話で取り置きしてもらった)

家へ持ち帰り、何を入れようかと考えるんだけど、どうしても頭の片隅にチラつくのがメカニックをやってる友人の存在。自分より絶対使いこなせるし、使い込まれる情景が絶対リアルでかわいいはず。(その職に従事してる人からしたら、かわいくなんてねえよって話かもしれないけど)しかも、喜んでもらえる可能性も高いなあ、という風に。

そんな感じで未使用のままいたら、ちょうどその友人の誕生日が近くなってきたので、自分で使うのはやめて、贈ることにした。手紙を書く時間が作れなくて誕生日を過ぎてしまったけど。

送ってすぐに画像を送ってくれた。本当にぴったりな用途があったらしくて嬉しい。届いた日に送ってくれたからほんとにすぐに使い道が決まったんだなあ。

f:id:dorymogy:20150512155037j:image

ドリルをしまう入れ物がイマイチ見つからなくて、小さなダンボールに入れていたそうで、ちょうど贈った箱と同じくらい。

f:id:dorymogy:20150512154614j:plain

このドンピシャっぷり。熱い。

f:id:dorymogy:20150512154635j:plain

たたずまいもよろしい。最近、vitlaのtoolboxのぱくり商品がでていてMUJIに対してネガティヴな気持ちがあるけど、これはMUJIイズムが良く反映された企画だなと思う。ただ白く塗っただけなのにこんなにかわいい。

画像は3枚とも友人から。

BOX展を教えてくれた別の友人にも感謝

骨子(こっし) the gist?

 ほとんど読まれることを見込んでいないブログの「このブログについて」の記事に一体どれだけの意味があるのか首をかしげざるをえないけれども、書かないとおさまりが悪い感じがするので書きます。

高校生の時に履いていた、アディダスの青いバスケットシューズがどんなだったか、もう一度見たいんです。手に取りたいんです。制服のズボンと一緒に履いている姿がどうだったのか、もう一度確認したいのです。ソールの中心部分には、黄色いパーツが埋め込まれていて、それはねじりに役立つ部品だったような気がします。バスケットボール部員ではありません。それを履いて、制服を着て、電車に乗って通学していました。エアジョーダンが象徴的なバッシュが流行った時代です。エアジョーダンは、持っていませんでした。欲しかったなあ。黒と赤のバックスキンっぽいエアジョーダン。Ⅳだったかなあ。

アディダスの話に戻ります。どのお店で買ったのかは、忘れてしまいましたが、吉祥寺なんじゃないかと思います。吉祥寺のどこかの建物の地下にスニーカーショップがあって、そこに並んでいたんだと思います。もしくは、パルコの中かもしれないし、ひょっとしたら下北沢かもしれない。ちょっと光沢がある鮮やかな青だったと思います。アディダスの3本線と靴の中は白でした。ベロにはバスケットボールの絵が刺繍されていたかもしれません。

それから当時、黄色とオレンジの間のような色のペインターパンツと合わせて履いていたので、その感じも見てみたいです。確かあの頃、自分が派手な色のペインターパンツを買ったあとに、そういう色のパンツが流行り始めたので、心の中で「流行をリードしたぜ。へへっ」って思っていました。(関係ありませんが、最近またペインターパンツを履いてみたいなあと思っています、デニム生地のものを。)

まあ、ざっとそういうわけでして、いま使っているものをコツコツと記録していこうというわけです。Instagramやらツイッターやら昔つくったブログやらなんやらに散らかさないで、一か所にまとめて、カテゴリなんかもきちんと設定して、整頓しようかと。ついでに書くためにひとつひとつの物と向き合った結果、物欲の精神も整頓できるのならば◎。生きること即ち物を欲すこと。自分は、欲しいものがなくなったら死ぬ時なんじゃないかと思っています。

 

確か、アメリカ文学だったと思うのだが、「骨子」がどうのこうのっていう下りがある小説、なんだったか思い出せません。その本で、骨子という言葉を知りました。タイトルをどうしようか考えながら、これが骨子ということなのかな?あの小説なんだったっけな?骨子がなんだって書いてあったのだろう。骨子を書くということを書いていたのか、骨子とは何ぞやということを論じていたのかどっちっだったろうか。そんなことを一瞬で考えました。言葉にすると長いけど、この考えを一瞬で感じることってありますよね。考えなのに感じるというのはおかしいのですが、理屈を感覚のように一瞬で認識するという感じでしょうか。

そういう流れで、タイトルは骨子にしました。
もしかしたら、こうやってだらだらと書いたことで、誰かがその小説を思い出させてくれるかもしれないですから。

手元のiPhoneウィズダムによれば、骨子はthe gist と表現するようですが、「あの小説ではどう表現されていたのだろうか」と思いタイトルには「?」を付けてみました。

 

そういった感じでございます。細長く、続けて参る所存であります。
自ら楽しむと共に、訪れて下さった方がちょびっとでも楽しければ幸いです。
物欲を刺激されて帰って下さい。そして時々またいらして下さい。

よろしくお願いいたします。

 

誕生日のお祝いに買ってもらった物の写真を添えて。
初グラミチです。赤と青と迷いに迷って赤に。

f:id:dorymogy:20150507052533j:plain